平成19年2月3日訪問
                        訪  問  後  記

 駅前から見ると築堤上にある駅となっていますが、裏口に回ると、斜面にできた駅だということが分かります。日出町の中心駅と言える駅でしたが、町役場近くに暘谷駅が開業したため、そちらのほうが、現在は乗降客数も多くなっています。
 日出駅は明治44年開業です。以前は地表に駅舎がありましたが、現在は、写真のように正面から見て築堤上にあるホームに駅舎があります。
地下道

駅前の地下道から築堤上のホーム駅舎にあがります。地下道は自由通路にもなっていて、駅反対側にも抜けられます。
駅前

日出町の中心部からは離れています。
構内

ホームはもちろん島式です。
駅舎への階段

階段を登ると駅舎がすぐにあります。
駅舎

ホームが広いので、駅舎スペースも思ったよりゆったりしていました。
home駅舎の旅menu大分県JR路線図日出駅
home駅舎の旅menu大分県JR路線図日出駅
駅裏口から見た駅舎

駅裏は、ホームよりやや高い位置になっています。