平成15年7月28日訪問
 男鹿駅は大正5年開業です。開業当時は港の名前をとって「船川駅」という名称でしたが
昭和43年に現駅名に改称されました。
駅前の様子

夕闇迫る終着駅の駅前は閑散としていました。
                       訪  問  後  記

 追分駅からローカル列車に揺られてやってきた夕刻の終着駅は、人気もなくとても静かでした。
駅前の土産物店も店じまいしていて、観光客はもとより地元の方の姿も見られませんでした。
 駅前は商店街という感じではなく、ここで食料調達は難しいようですが駅構内を横断する自由通路
を渡るとコンビニがありますので比較的便利なほうでしょう。
駅内の様子

改札口の向こうには折り返し待機中のキハが見えます。
ホームから見た駅舎

横長の駅舎が風情があります。
構内

ローカル線の終着駅の割には広い構内を持ち、
男鹿駅の先にもレールが続いていました。
home駅舎の旅menu秋田県JR路線図大館駅
←前の掲載駅は追分駅です
(C) puyan,misakitty
home駅舎の旅menu秋田県JR路線図男鹿駅