平成19年2月3日訪問
                        訪  問  後  記

 杵築の市街地からは、かなり離れた位置に駅はあります。市街地には昭和41年までは大分交通国東線が営業していて、現在でも杵築駅構内には乗換標識が残っています。
 城下町を意識した駅舎となっていて、1番乗り場には茶店風の長いすが置かれていましたが、ほこりをかぶっていて、そのまま座ると、真っ黒になりそうでした。
 杵築駅は明治44年開業です。杵築市街地とは離れていて、駅前は市の代表駅としては、静かな風景となっています。城下町を意識した駅舎があります。
駅内

駅舎の大きさの割に、駅業務部分は狭いです。写真右側には待合室があります。
駅前

市街地まで離れているせいか、タクシーがたくさん客待ちをしていました。
構内

2面3線の構内。
home駅舎の旅menu大分県JR路線図杵築駅
home駅舎の旅menu大分県JR路線図杵築駅
1番乗り場

 茶店風の長いすが置かれています。