平成16年8月14日訪問
                        訪  問  後  記

 駅事務室の窓枠は防犯上の理由もあってか格子入りのアルミ窓となっていますが、そのほかは、建築当時からの様子をとてもよく残す木造駅舎でした。
 
 熊崎駅は大正9年に開業しました。駅舎は開業当時からある木造駅舎が、ほとんど手を加えられないまま使用されています。

駅前
 
 駅前にある川は、河口が近いようで干満によって水量が変わります。
大分県JR路線図
駅舎の旅MENU
MAIN MENU
TOP PAGE
出札窓口
 
 この部分だけは、改装されています。委託駅のようで駅員さんがいました。
窓枠
 
 風化した木材の模様がとても温もりを感じさせます。
駅内の様子
 
 出札窓口以外は、昔のままの窓枠に漆喰の壁が残っています。ほどよく薄汚れていて、とても時代を感じさせますが、無秩序に張られたJRのポスターが邪魔です。
構内
 
 島式の1面2線の構内で、ワンマン化対応で、駅舎とはうってかわって真新しく整備されていました。