平成19年2月3日訪問
                        訪  問  後  記

 元々、信号場として開設されていた駅なので、複線化前から交換設備があったのではないかと思いますが、大分方の立石駅までは上下線が離れて敷設されているので、このような構造の構内になったのかもしれません。
 西屋敷駅は昭和22年開業です。写真の建物は上り線にある待合室で、上下線それぞれが1面1線構造の構内となっています。
駅前(下り線側)

地下道を抜けて出ると、一面のたんぼとその先は山になっています。
駅前(上り線側)

国道10号線が併走しています。
下り線構内への通路

上り線の線路脇を少し歩きます。
地下道

線路下にある地下道で、下り線には地下道の真ん中あたりから階段で構内に上ります。
下り線構内への階段

スロープなどは設置されていません。
home駅舎の旅menu大分県JR路線図西屋敷駅
home駅舎の旅menu大分県JR路線図西屋敷駅
構内

左側にちょっと見えるのが上り線です。中央の下り線の方が
やや高い位置にあります。