三段峡駅は昭和44年開業です。可部線(計画は広浜線)計画当時は、山陰本線の
浜田駅まで結ぶ予定でしたが、ここ島根県境に近いここ三段峡までしか開通しませんでした。
 待避線が1本あるのみで1面1線構造の小さな駅でした平成15年11月30日に廃止された
あと駅舎は解体されて公共施設となっています。
平成15年7月26日訪問
                        訪  問  後  記

 訪問当日の車内は、地域住民の乗車はほとんどなく鉄道ファンが多数を占め、廃線を間近に控えた
路線の典型的な光景が見られました。
構内

 折返しのキハが停まっています。
行き止まり

当初、スイッチバックして浜田を目指す計画(のちに直進に変更)でした。
(C) puyan,misakitty
home駅舎の旅(廃止・転換路線の駅)menuJR西日本可部線三段峡駅
JR西日本 可部線 三段峡駅 廃駅 駅舎
駅前

SLがある駅前でした。現在このSLは、山陽本線天神川駅近くの
ショッピングセンターに移設されました。
home駅舎の旅(廃止・転換路線の駅)menuJR西日本可部線三段峡駅
←前の掲載駅は、上殿駅です
所在地表記は、営業当時のものです