平成16年8月14日訪問
                        訪  問  後  記

  ホームにある駅舎というのは、橋上駅舎を建設するほどの必要性と予算がない場合で、駅の両側から進入通路を確保する場合にや有効な建設方法かも知れません。島式ホームであることが必要条件でしょうが。
 
 高城駅は大正3年に開業しました。日豊本線が大分以南に延伸されたときからある駅です。島式ホーム上に駅舎がある、おもしろい構造になっています。

駅前
 
 駅前広場は広く、緑も多い環境です。周辺はマンションが建ち並んでいます。写真左はJR九州の独身寮です。
大分県JR路線図
駅舎の旅MENU
MAIN MENU
TOP PAGE
構内からみたところ

 何となく裏口といった雰囲気です。。
駅入口
 
 構内両側から跨線橋で一旦構内中央に渡り、それからホーム上の駅舎に降りていく構造です。ホームにある跨線橋と違い、地表からそそり立つような印象があります。
駅舎入口
 
 跨線橋の階段上から見たところ。ご覧のように、有人駅です。
構内
 
 ホームは、やや広めです。