北河内駅は昭和35年開業です。錦川清流線の途中駅では唯一の交換可能駅です。
古い駅舎が残る無人駅です。
平成24年12月31日訪問



このページの写真提供は八丁堀さまです。
(C) 八丁堀,misakitty
home駅舎の旅menu(JR以外の路線>錦川鉄道>錦川清流線>北河内駅
左右の駅名をクリックすると隣の駅のページに行けます
home駅舎の旅menu(JR以外の路線>錦川鉄道>錦川清流線>北河内駅
次の掲載駅は南桑駅です→
駅名標

古い駅名標が現在も使われています。行波駅の表記
が新しいのは、仮乗降場だった頃は記載されていな
かったからでしょう。
レンタサイクル

レンタサイクルが置かれているようです。無人駅なので
無料?
記念碑

最近設置されたもので、写真左が、錦川鉄道となって
25周年を記念するもの、右が岩日線開業50周年を記
念するものです。ということは、現在は既に3セクとなっ
てからの歴史の方が長いということになります。
駅前

駅付近にはバス停もあります。また徒歩圏内に二輪草
とシャクナゲの群生地があるそうです。
構内

島式1面2線の交換可能駅、途中駅では唯一の交換
可能駅です。
岩国方

たんぼを跨ぐ高架橋をカーブを描いて走る列車がよく
見えます。最初に紹介した二輪草の群生地は、列車
が写っている付近にあります。
駅名柱

これも国鉄当時のものでしょう。昭和中期の開業ですが、
駅にあるこのようなアイテムはそれ以上の歴史感じさせ
てくれます。