野辺地駅は明治24年開業です。東北本線と大湊線の接続駅で平成14年までは南部縦貫
鉄道も接続していたため、広い構内と大きな駅舎があります。
 平成22年の東北新幹線新青森開業による東北本線の青い森鉄道移管の際、支線の大湊線
はJR東日本経営として残したまま、駅の管理は青い森鉄道がすることになりました。
駅前

支線分岐駅だけあって商店も多く広い駅前ですが、悪天候の夕方の
駅前は静まり返っているようです。
駅内

 「みどりの窓口」もありました。ローカル駅でも4ヶ国語(日英中韓)対応
の案内パネルがあるのにびっくりです。
 ただ、韓国語表記は、メピョソ(売票所)と記載されていて、他のJRの「み
どりの窓口」と違う表記になっていました。
左右の駅名をクリックすると隣の駅のページに行けます
このページは、八丁堀さまの写真提供で作成しました。
(C) 八丁堀,puyan,misakitty
home駅舎の旅(廃止・転換路線の駅)menuJR東日本東北本線野辺地駅
home駅舎の旅(廃止・転換路線の駅)menuJR東日本東北本線野辺地駅
構内(八戸方)

左端の短い駅舎側ホームには
大湊線のDCが停車しています。
平成22年3月23日訪問 
構内(青森方)

3面5線ある広い構内。
改札

LED発着案内板がありました。大湊線は運休になっているようです。
売店

写真のキオスクは青い森鉄道移管後もあるようです。