JR西日本博多南線乗車記
 JR西日本では、山陽新幹線の終点博多駅から博多総合車両所付近までの回送線を利用して、博多南線として乗客輸送を行っています。
 営業キロは8.5キロメートル、所要時間は約10分で、1日約25本の新幹線が往復しています。
 ただし、博多南線は在来線扱いですので、運転される新幹線は在来線特急です。
 ですから、在来線で特急しか走らない路線ということにもなります。
hakataminamiline1
hakataminamiline2
hakataminamiline3
hakataminamiline4
駅舎

平成2年4月1日開業です。
駅舎は、在来線の新興住宅地にある駅といった感じです。
駅前の様子

マンションが建ち並び、バスターミナルもある賑やかな駅です。
駅看板と駅名標
あれれ・・・

の写真を見る限り、どう見てもJR西日本の駅なのですが・・・・
の駅舎内の写真を見ると、JR九州系の旅行代理店が、あったり駅員さんはJR九州の制服を
着てたり・・・
hakataminamiline5
hakataminamiline6
駅舎内の様子

←←
 JR九州系の旅行代理店JOYROADとJR西日本の券売機が同居

←ちゃんと、新幹線で東京までの切符も買えます。
 改札口は、自動ではなくJR九州の駅員さんがいます。
hakataminamiline7
hakataminamiline8
hakataminamiline9
・・・実は、博多南駅は、JR西日本がJR九州に管理を委託している委託駅なのでした。
では、さっそくホームに出てみましょう。
←←・←ホームの様子
 改札口を抜け数段の階段を昇ったところにホームはあります。改札口の目の前に新幹線が停車しているというのはちょっと異様な感じです。
 1面1線で地方の無人駅のような構内ですが、ホームほぼ全体に屋根が付いてるところは、新幹線駅の風格を感じさせます。
 博多南線の横は、博多総合車両基地の線路が広がっています。 
いよいよ、発車です。
hakataminamiline10
hakataminamiline11
hakataminamiline12
hakataminamiline13
hakataminamiline14
←博多総合車両所

 発車して間もない車内から撮影。
 700系・500系など、現在の山陽新幹線の主力たちが鼻面を揃えて休んでいました。
←九州新幹線の高架?

 発車後すぐに、博多方面に向かって左手に、いきなり高架橋が現れます。九州新幹線の未着工区間は、ここから先ということになるんでしょうか。
 博多南駅が1面1線ということは、博多南線は単線ということになりますが、このあたりから上下線に分岐し複線となり、この高架橋を上下線で挟むような配線となり進行します。



←九州新幹線の線路末端部?

 高架橋は次第に降りてきて博多南線の高架橋と合流します。工事中の高架橋に線路は敷設されていません。
←竹下駅付近で鹿児島線が見えてきます

 いつも満員の通勤電車に揺られる、鹿児島線を見下ろすのは、ちょっといい
気分でした。
 でも明日からは、また・・・
 ここから先は、博多駅まで鹿児島線と併走します。
いつもの見慣れた新幹線博多駅に到着しました。
←発車案内板(注意!付き)

 広島方面への乗客が間違って乗車することを注意する表示がありました。
 このあと、私は、また博多南駅へ折り返して博多南線乗車を終えました。
                    乗  車  後  記

 近くに住んでいて一度も乗ったことがなかった博多南線にようやく乗ってきました。
休日の日中だったのですが6両編成の車両は、ほぼ満席で、通勤・通学客以外の乗車もかなりあるようでした。
 片道乗車券190円(JR西日本の幹線運賃)と特急券100円と併せて290円で新幹線に乗れるので、ただ往復するだけの親子の姿もたくさんみかけました。
2002年11月17日乗車
ぷ〜やん企画室MENU
MAIN MENU
TOP PAGE