昭和61年の国鉄末期に登場した首都圏と新潟地区を結ぶ夜行快速列車。当初は臨時列車で14系客車を使用して運転されていた。現在は485系特急型車両を使用している。
 数ある「ムーンライト」の中で、「ムーンライトながら」とともの唯一の定期列車となっている。
 写真の車両は、485系投入前に使用されていた、165系改造車両。外観は国鉄急行型車両のままで、郷愁を誘う車両であった。

165系当時の快速「ムーンライトえちご」(長岡駅)
列車展示室MENU
TOP PAGE
快速 ムーンライトえちご