昭和54年にデビューした4扉の通勤型電車。電力回生ブレーキ使用など、省エネルギー電車の先駆的存在となった形式である。
 また、メンテナンスの容易さや空気バネの採用などもそれまでの車両とは大きく異なる先進的な車両で、現在も、首都圏多摩地区や関西都市圏の通勤車両として走り続けている。

201系(青梅線奥多摩駅)
列車展示室MENU
TOP PAGE
201系電車
JR東日本
JR西日本
201系(東海道本線千里丘駅付近)