国鉄〜JR移行期に大量に生産された通勤型電車。山手線や京浜東北線でも一時大活躍した。現在は、首都圏近郊、仙石線及び阪和線などで活躍している。
 番台ごとに色々なフェイスを持っているのも特徴の一つである。

相模線で活躍する205系は500番台(八王子駅)
列車展示室MENU
TOP PAGE
205系電車
JR東日本
JR西日本
京葉線の205系は100番台(南船橋駅付近)
仙石線の205系は3100番台で、寒冷地仕様となっている。フェイスは205系の標準仕様?
。方向幕が「松島海岸」となっているのは宮城県沖地震の影響による特別ダイヤが組まれていたためである。(石巻駅)