JR東日本が、ラッシュ時の着席率向上のために投入した、初のオール2階建て在来線車両で最大定員は1両120名である。。営業運転開始は、平成4年で、湘南新宿ラインなど通勤路線で活躍を期待されたが数年で撤退。現在は、東海道本線のホームライナーなどで使用されているのみで、その実力を発揮しないまま現在に至っている。

215系(田浦駅)
215系電車
JR東日本
サイドビュー(鎌倉駅)
home列車展示室215系電車


home列車展示室215系
 
 2階席から1階席をみたところ
 2階席の窓は天井に向かってカーブを描いています。