JR九州のなかでは異色の存在である直流・通勤型車両。福岡市交通局との相互乗り入れ用に筑肥線(姪浜〜筑前前原)複線化に合わせて投入された。従来の103系が交通局車両に比べて性能的に見劣りしていたのに比べて、乗り心地などかなり向上した。
 初期投入のK1・K2編成と2次投入のK3編成で若干マイナーチェンジしているが、一見するとほとんど変わらない。

303系K3編成
303系電車
JR九州

home列車展示室303系

home列車展示室303系