特急「くろしお」は昭和40年に登場した大阪都心部と紀伊半島南部を結ぶ特急列車。登場当時はキハ80系で運行され、新婚旅行地として有名であった白浜への特急だったこともあって1等車を3両連結していた。
 現在の使用車両の381系は、特急「しなの」に続く2番目の投入となっていて、国鉄当時に開発された自然振子式の直流特急電車であるが、同じ線区を走行している「スーパーくろしお」はパノラマグリーン車仕様、別名称の「オーシャンアロー」は283系を使用している。

381系スーパーくろしお(新宮駅)
381系特急くろしお
JR西日本

home列車展示室(国鉄・JR車両)381系特急くろしお

 
home列車展示室(国鉄・JR車両)381系特急くろしお