平成7年に登場した、JR東海初の振り子式特急電車。国鉄当時に開発された381系が自然振り子式だったのに比べ、乗り心地が格段に向上した制御付き振り子式を採用している。
 VVVFインバータ制御、シングルアームのパンタグラフを採用している。
 現在では、特急「しなの」専用車両となっているが、以前は、急行「ちくま」や名古屋都市圏のホームライナーなどでも使用されていた。

383系特急「しなの」(中津川駅)
383系電車
JR東海

home列車展示室(国鉄・JR車両)383系電車

 
home列車展示室(国鉄・JR車両)383系電車
前面窓はパノラマタイプです。こちらは定期運用だった頃の夜行急行「ちくま」(松本駅)
グリーン車内