40系気動車のうち、昭和52年から暖地向けに製造を開始した車両。特徴は両開き戸と片運転台であることで混雑時の客扱いに対応していることである。0番台は暖地向け、500番台は寒地向けとなっていて、北海道の極寒地仕様は存在しない。
 JR西日本を中心に現在でもJR各社で活躍している車両で、番台区分は、トイレの有無で分かれているほか、かなり細分化されている。

40系キハ47形
JR西日本など

home列車展示室40系気動車キハ47形
 

home列車展示室40系気動車キハ47形

 キハ47形首都圏色(山陰本線来待駅)

 2000番台は、窓枠を改良して全部又は一部をロングシート仕様としたものでトイレなしが3000番台である。
 写真は広島色の2000番台
(山陰本線黒井村駅)

 同じく2000番台で山陰地区では首都圏色で使用されている。
(山陰本線米子駅)

 同じ山陰本線でも豊岡地区では、0番台が活躍中。0番台のトイレなしは1000番台となっている。
(山陰本線浜坂駅)

 姫新線色の0番台
(姫新線播磨新宮駅)

 JR四国でも活躍中の47形。
写真は、鳴門線四国色0番台
(高徳線徳島駅)

 JR東日本では寒地向けの500形が新潟
や東北地区で活躍中。
 写真は盛岡色で冷房設備はない。
(八戸線鮫駅)

 新潟色の500形は、電化区間の羽越本線でも使用されている。
(羽越本線酒田駅)

 JR九州の47形は、原形式の車両に加えて、エンジン交換を行った車両が原形式+8000番で存在する。
 寒地向けも投入されているが、全て冷房改造されている。
 写真は47形同士の交換風景。
(香椎線新原駅)

 47形車内。
 JR九州の47形は、国鉄当時のシートカラーが多く、ワンマン改造されているものの車内収受を行わない区間の車両は、写真のような国鉄当時の面影を残す車両が多い。