40系気動車は、国鉄当時の昭和50年代に登場した一般型気動車。耐久性に優れているのと大量に製造されたため、現在でもJR各社が所有している。キハ48形は、昭和53年から製造され、40形と同じ片開き戸が使用されているが、片運転台となっているのが違いである。
 0番台がJR東海や西日本の準寒地向け、300番台はJR北海道の酷寒地向け、500番台は東北地方などの寒地向け仕様となっている。それぞれの番台に1000番を加えたものがトイレなし車両となっている。
 またJR東日本で500番台が「リゾートしらかみ」に使用されるなどジョイフルトレインへの改造も行われている。

40系キハ48形
JR各社

home列車展示室40系気動車キハ48形
 

home列車展示室40系気動車キハ48形

 500・1500番台(津軽線三厩駅)

 500番台車内

 500番台を改造したリゾートしらかみ青池編成(深浦駅)