JR九州初の新幹線車両。東シナ海沿岸を走るが、山間部を貫いているため長野新幹線などと同様の配列・最高速度となっている。タネ車は、700系で、車内設備も共通仕様のものが見受けられるが、和テイストをコンセプトにした、これまでの新幹線車両にないインテリアとなっている。

800系(新八代駅)
800系新幹線
Series 800
列車展示室MENU
TOP PAGE
列車展示室MENU
TOP PAGE
外装はホワイト系だが、エントランス部分はシックな色調でまとめられている。
 普通車のみの編成しかないが、2×2列シートのみの編成のためとてもゆったりとしている。特にレールスターの2×2シートとは比べものにならないほど足元が広いのが特徴。
 シート色は古代色を使用している。
 ブラインドにはサクラの板を使用。窓回りを見ると700系とよく似ているのがわかる。