西日本鉄道天神大牟田線(1) 福岡(天神)〜雑餉隈
平成19年5月19日
 JR九州の駅は、全部回っちゃったし、次は、西鉄の駅でもクリアしようかなって思いついて、天神大牟田線に乗ってきました。第1回は、福岡市内にある天神大牟田線の駅、ただし、ぷ〜やんさんが既にクリアしている薬院駅は通過。特急停車駅とマギャクの駅に訪問してきました。
 今日もスタートは、地下鉄の空港線です。ただし、今日は大濠公園駅。土曜日の午前中、ここで用事を済ませて、いざ出発です。
 大濠公園駅は、当然ですが、大濠公園という、福岡市の代表的な公園のそばにある駅。ただし、駅上にすぐ見えるお堀は、福岡城趾の舞鶴公園のお堀なので、間違えないようにね。
 大濠公園駅のホームは相対式ホームになっています。反対ホームにちょこっと見えるのは、JR九州の303系です。
 天神で降りて、ここから西鉄に乗り換えます。地下鉄の七隈線もここで乗換ですが、駅は天神南駅で別駅。右側の緑の自動改札機が普通切符を使用した場合の乗換専用改札機で120分以内に乗り換えれば、1枚の切符で通しで乗車できます。
 けっこう天神南駅とは離れていて不便。

 地下鉄天神駅は、天神地下街とクロスしているところに駅があります。だからいつも人がたくさん、写真撮るのも恥ずかしいです。
 こちらは、クロスしている天神地下街。天神駅から七隈線天神南駅は、ここをしばらく歩いていかなくてはなりません。
 西鉄福岡(天神)駅へも、この地下街を通って行けますが、西鉄駅のほうは、すぐ近くです。

 いったん地上に出てみました。これが西鉄福岡(天神)駅。壁の看板は「福岡駅」となっていますが、平成13年から、福岡(天神)駅が正式名称になっています。カッコあるからキー入力するのがめんどくさいです(嘆)。
 西鉄最大のターミナル駅で、写真の三越の入居しているビルと、その右にあるソラリアステージのビルの2階部分が駅構内となっています。
 大きな駅ですが、九州の駅の中では、JR博多駅はもちろん、地下鉄の天神駅より乗降客は少なく第3位(平成16年現在)。
 3階部分は西鉄福岡バスセンターで、高速バスがたくさん発着しています。
 南口に回ると、ビルから高架線路が出てくるところが見えます、高架は2段になっていて、下が西鉄天神大牟田線、上は、バスセンターから出てくるバス専用の高架道路です。
 南口近くにも地下鉄入口がありますが、こちらは七隈線の天神南駅の入口です。空港線と違ってエスカレータもあって便利です。
 ソラリアステージ1階の北口に戻って、いよいよ西鉄天神大牟田線に乗車してみることにしました。ここの看板はちゃんとかっこ書き。
 頭端式のホームに入って、まずは平尾駅に向かいます。左は乗車専用ホーム。右側は降車専用で完全に乗降分離となっています。
 平尾駅は各停のみ停車する駅なので普通列車に乗車します。太宰府線直通の太宰府行で5000系でした。
 最初の下車駅、平尾駅です。ここまでが中央区。高架駅になっていて、高架下に見える道路は、「筑肥新道」という通りです。名前から、もしかしてって思った方はすごいです。そう、旧国鉄筑肥線の線路跡が道路になった部分。ここで西鉄と国鉄筑肥線がクロスしていましたが、国鉄には駅はなかったので、ちょっと離れた筑前高宮駅で乗換をする必要がありました。
 天神大牟田線は、起点の福岡(天神)駅から大橋駅までが高架となっていますが、現実には、この平尾駅周辺は高架ではなく築堤となっています。
 元々、国鉄筑肥線をオーバークロスするために築堤が設けられていたためなのでしょう。
 下の道は、さきほどの国鉄筑肥線跡ではなく、ひとつ北側の百年橋通りです。
 しばらく、ここで休憩。もう休憩です(汗)。行き交う電車を眺めていました。黄色い電車は、元特急車両を3扉化した2000系。
 多くの電車が行き交う築堤上の保線作業って大変神経使うと思います。でもホームから眺めている子供たちは、何やら楽しそうでした。

 のんびり休憩したあとは、次の高宮駅に向かいました。ここも高架駅ですが、平尾駅と同様各停しか停まらない駅です。駅前は狭いけど、ペデストリアンデッキみたいな構造になっていますが、駅前の線路と平行する大通り部分は、歩道橋ぽいので、正確には違うみたいです。
 高宮駅前は噴水があったり、街路樹が多く、落ち着いた雰囲気もある高層住宅地となっています。

 高宮駅の構内です。相対式の2面2線駅で待避はできない構造となっています。ホームがとても広いのが、隣の平尾駅との大きな違いです。
 次の大橋駅までは、平成13年に登場した7000系に乗車しました。アイスグリーンの西鉄カラーは、それまでの通勤車両と同じだけど、VVVF制御だったり、増備車からは車内LED案内板が装備されたりと、新しい車両です。
 福岡市地下鉄やJR九州303系と同じ4扉車なんだけど、ロングシートは6人掛けになっていました。

 7000系は2両1ユニットなので、中間車はありません。JRで言えば、クハ+モハで運行しているってことかな?サハはなしってこと?福岡都市圏など乗降客が多い区間では複数ユニットで運行しています。
 西鉄は、7000系投入するときによっぽど気合い入れたのか、各車両にVVVFのロゴが入ってます。フツウの人は、コレ見ても意味わかんないだろうねえ。
 大橋駅のホームで写真撮ってたら、最新型の3000系が入線してきたので、停車中に車内の撮影してきました。混んでたから、正面じゃなくて、背後からこっそり。かなりJR九州の811系や813系を意識したのかなあ?パンタグラフがシングルアームだったり、車内に液晶ビジョンがある編成もあったりで、後発なだけにJRよりワンランク上って感じです。

 これまでの西鉄車両とは、デザインが全く異なる3000系だけど、方向幕はこれまでの西鉄のまま。なぜLEDにしなかったのか不思議です。

homemisakitty旅行記>西日本鉄道天神大牟田線(1)・福岡(天神)−雑餉隈

 
homemisakitty旅行記>西日本鉄道天神大牟田線(1)・福岡(天神)−雑餉隈

次のページへ