西日本鉄道天神大牟田線(3) 朝倉街道〜小郡
平成19年7月1日
 梅雨の晴れ間が広がった日曜日、天神大牟田線3回目の旅に行ってきました。今回は、さらに福岡市内から離れ、次第にのどかな風景が広がるエリアを抜け筑後地方の入口である小郡まで行ってきました。
 今日は、ご覧のとおり西鉄の8000系特急でスタートです。特急停車駅の二日市までは、既に訪問しちゃったから、とりあえず二日市までは途中下車しなくても済むので、乗車してみました。
 夏物バーゲンが始まった最初の日曜日の午前中、天神方面の列車は、満員でしたが、逆方向の特急はガラガラの状態で、ゆったり座ることができました。
 各車両にはLED案内板があります。私の旅は、いつになったら終点の大牟田駅までたどり着くことやら・・・
 二日市で普通に乗り換えて本日最初の訪問駅、朝倉街道(あさくらがいどう)駅に到着です。朝倉市方面へのバスターミナルがあるため、二日市の隣駅でありながら特急以外は全て停車します。ただし来年(平成20年)には、二日市との間に新駅が開業する予定なので、連続急行停車駅ではなくなってしまいます。
 地表駅で、駅前の踏切を渡ると対面ホームの改札にもすぐ行けて、2回目までの駅訪問に比べたらとっても助かりました。
 駅前は、バスターミナルとの間に交通量の多い県道があります。
 この県道には、明治〜昭和初期には、朝倉軌道という軽便鉄道が走っていました。
 駅前の地図を見ると、JR鹿児島本線の天拝山駅とは、約500メートルちょっとの距離でした。道もほぼ直線で、駅間移動も楽にできそうな感じです。
 朝倉街道から、次の桜台駅に移動です。ここは普通列車のみ停車、周囲には高層ビルもなくなり、ゴミゴミした都会の車窓ではなくなってきました。
 駅に降り立つと、上下線別に駅舎がありますが、構内外側に踏切がないため、どうやって二つの駅舎に正面から訪問すればいいのって冷や汗でちゃいました。
 あははっ、今日は、前回より楽ちんやあ!、桜台駅は構内に地下自由通路がありました。
 こちらが、メインの駅舎で、天神方面のホーム側にあります。平屋で、けっこう広めの駅舎でした。
 全駅の朝倉街道駅までの駅前風景とは全く違う桜台駅前。春になると桜並木がキレイそうです。
 落ち着く雰囲気の良い街でしたが、ファーストフード好きな私にはちょっと寂しいかも。

 桜台駅で見つけたポスター。ここだけじゃなくて、車内やほかの駅にもこのポスターはあります。
 博多の人なら誰でも知ってるこのせんべい、てか「せんぺい」ね(笑)ホントにこんな列車やバスが走ってたら面白いのになあ。
 最近は、「豚骨ぴすとんず」でもおなじみの顔かもね。いちおう、ポスターに「登録商標」ってあったから、製造元の東雲堂様の御許可をいただいてアップしてみました。
 桜台駅の次は、車両基地もある筑紫(ちくし)駅です。
 昭和56年完成の橋上駅舎で、2面4線の立派な駅。
 ここからは天神方面の区間運転列車もある・・・ということは、ここから大牟田方面は運行本数が少なくなるってことです。
 それでも約15分間隔で普通列車が運行しているから、駅訪問にはちょうどいい間合いかもしれません。
 車両だけじゃなくて、乗務区間の区切り駅でもあるみたいで、ここで運転士さんが交替します。
 でも、特急は停まらないから、特急はここで交替はありません。
 筑紫駅では西口駅舎から出て、ちょっとお散歩してみました。橋上駅舎の筑紫駅ですが、西口駅舎が供用開始したのは、平成13年でごく最近のことです。
 駅前から3分くらいのところにある、筑紫野市役所筑紫出張所の中には、昭和初期の筑紫駅のホーム待合室が保存されています。
homemisakitty旅行記>西日本鉄道天神大牟田線(3)・朝倉街道−小郡

 
homemisakitty旅行記>西日本鉄道天神大牟田線(3)・朝倉街道−小郡

次のページへ
 筑紫駅構内から二日市方を見るとJRの筑豊本線がオーバークロスしているのが見えます。ただし筑豊本線の駅は近くにはなくて、鹿児島本線との接続駅である原田駅がイチバン近い駅になります。
 朽ち果てそうな琺瑯の駅名板も残っていました。
 なぜ、ホーム待合室が、保存されているのかは、この写真が理由です。
これは、アメリカの戦闘機の爆撃跡で、その空襲の際には、付近を運行中の列車も爆撃を受けて64名の死者がでました。
 現在でも、ここで毎年8月に慰霊祭が行われています。