仙台地区JR新駅舎訪問記
平成19年8月12日
 今年初めて挑戦した18旅で訪問した仙台地区の新駅や新駅舎を紹介します。ご紹介するのは、いずれもJR駅で平成19年3月に開業した東北本線太子堂駅と仙山線東北福祉大前駅、それに平成18年に高架化されて新駅舎となった東北本線長町駅と平成17年に橋上駅舎化された仙山線陸前落合駅です。
 この日は、栃木県の西那須野駅から出発して、東北本線を北上して太子堂駅にやってきました。高架の真新しい駅すが、駅名は何となく古めかしい駅。昔この近くにあった太子堂というほこらが、このあたりの地名になっていることから付けられました。
 駅を出るとこんな風景。地方都市の新興住宅地や再開発地とよく似てます。それにしても、駅前に出たとたん暑さにへばりそうになりました。東北って冬は寒くて夏は暑いのね(泣)
 改札口は有人改札部分が仕切られていてカウンター式の出札窓口と兼用になっています。仙台市内のJR駅は、こんな構造になっている駅をいくつか見つけました。西日本や九州では、西鉄の福岡(天神)駅でした見たことがない構造だったので、ちょっとびっくり。JR東日本では標準的なのかなあ???
 構内は島式の1面2線です。行き先別カラーは東北本線のほかに、途中から分岐する常磐線や仙台空港アクセス線も別標記で掲載されていました。
 長町駅付近の高架化によって、駅舎が新しくなりました。以前はとても狭い駅舎だったけどとても広くなりました。隣接してコンビにがありますが、旧駅舎のころにあったキオスクやお蕎麦屋さんはなくなってしまいました。
 駅前は、そのままキャンパスの入口になってます。このキャンパス「ステーション・キャンパス」って名前がついてました。夏休みで学生の姿はまばらでしたが、キャンパスの空気を吸うのって、ず〜と昔のことのようなな・・・もう私も、オバになっちゃったのねえ(嘆)
 ここで18切符はいったんお休みzzz・・・JR仙台駅は今回立ち寄らないで、地下鉄に乗り換え、仙山線との接続駅北仙台駅に向かいます。
 旧長町駅の構内。現在も当時と同じ1面2線の構内となってます。
 旧長町駅の跨線橋から見た景色。中央の赤い屋根が旧駅舎、その右手に高架橋がほとんど完成した新線。さらに、その右手には東北新幹線の高架橋があります。
 高架になった東北本線は、旧線と東北新幹線の隙間に建設されたことになり、まあ建築コスト的には、とっても助かったんじゃないのって思います。
 陸前落合駅は、仙山線が最初に開業したときからある駅ですが、一時は無人駅となるくらい寂れていた駅です。仙台市街地の拡大に伴って宅地開発が進み、橋上駅舎をもつ立派な駅になりました。写真は南口駅舎で、北口とは外観デザインが異なっています。
 北仙台で再び地上に出てJRに乗換え、やってきました。建築費は全額大学が負担した駅だけに、駅名もその大学の名称がそのまま使用されています。

 この駅は棒線駅です。けどホームは結構長いです。ただ、写真でみるより、実物は、もっとS字にカーブしたところにホームがあります。よくこんなとこに駅作ったなって思います。
 仙山線は東北本線から分岐すると仙台市街地でもかなりカーブや勾配区間が多い路線です。
homemisakitty旅行記>仙台地区JR新駅舎訪問記(太子堂駅・長町駅・東北福祉大前駅・陸前落合駅)

 
homemisakitty旅行記>仙台地区JR新駅舎訪問記(太子堂駅・長町駅・東北福祉大前駅・陸前落合駅)

 戸建て中心に開発されている住宅街が広がっているようで、駅前の景色はとても開けています。
東北本線太子堂駅(平成19年3月18日開業)
 ここから、仙台方面に1駅移動して、次の長町駅まで行きます・・・
東北本線長町駅(平成18年9月18日建築)
 駅前にある長町地区の代表的な高層ビル「たいはっくる」。東京方面から仙台にくると必ず仙台到着前に目に入ってしまうビルかも

 その「たいはっくる」と長町駅の中間に地下鉄南北線の長町駅入口があります。こんな近くにあるんなら、長町駅高架のときにJRコンコースから入れるようにすればよかったのにって思うんだけど、いざ地下にもぐると、地下鉄の改札までは、けっこう距離があって、こりゃ、別の駅やわって実感してしまいました。
 写真は旧長町駅舎です。ちょうど3年前の撮影で、ラッシュ時には、通勤・通学客で通路がいっぱいになってしまうくらいの手狭な駅でした。

仙山線東北福祉大前駅(平成19年3月18日開業)
 ここから、今日の宿泊地、山形県の天童市に仙山線山寺経由で向かいます。その途中で、今年改築された駅じゃあないけど、けっこう新しい陸前落合駅に立ち寄ってみることにしました。
仙山線陸前落合駅(平成17年3月28日建築)
 こっちは、北口の駅前です。上写真の南口駅前と違って、あまり開発されていないようでした。

 構内は、橋上駅舎となる前と変わらない1面2線の相対式の構造になっています。
 駅舎改築後は快速も停車するようになりました。
 駅舎建築中の3年前の写真。プレハブの仮設駅舎で営業していました。
 この日は、仙台の地下鉄訪問と合わせて、仙台市内でほぼ1日を過ごしてしまいました。このあと、奥羽本線との分岐駅羽前千歳駅に立ち寄ったあと、天童に向かいました。