このページでは、国鉄の電照式駅名標を紹介しています

国鉄 電照式駅名標

 国鉄当時に設置された古い電照式駅名標から平成に入って新設された国鉄タイプの電照式駅名標を紹介します。
 もちろん、皆様からの投稿も大歓迎です!投稿したいという方はメールでお知らせくださいね。
 投稿するデータがリサイズ不可の場合は、横幅480ピクセルまでに納めてください。

3-旧国鉄大社駅の電照式駅名標



風格のある駅舎が現在も保存されている大社線大社駅の駅名標です。国鉄の電照式駅名標には白黒タイプだけでなく、中間色を使用したこのような駅名標もたくさん使われていました。

2-20年以上前の廃線駅の表示が残る駅名標



宮崎県の日豊本線西都城駅の駅名標には、昭和62年に廃止になった志布志線の次駅「いままち」の表示が今でもうっすらと残っています。高架駅となっているので、日豊本線から分岐する志布志線の高架部分も一部現存しています。志布志線が高架線を使ったのは、たったの7年間でした。

1-肥薩線の電照式コンビ





スイッチバックにループ線まである、JR九州の肥薩線。熊本・宮崎・鹿児島の県境を跨ぐ山岳区間には、ご覧のような、歴史を感じる電照式駅名標があります。今も電気が点くのか???夜間訪問をしたことのある方、いらっしゃったら教えてくださいね。


■鉄道サイト検索はこちら


切符・サボ・方向幕・駅スタンプ・旅行記

トピックス

■鉄道サイト検索はこちら