このページでは、国鉄の黒板型・琺瑯型駅名標を紹介しています

国鉄 黒板型・琺瑯型駅名標

 国鉄当時に設置された駅舎外壁などに設置された黒板にペンキを塗った駅名標や琺瑯(ほうろう)製の駅名標を紹介します。
 もちろん、皆様からの投稿も大歓迎です!投稿したいという方はメールでお知らせくださいね。
 投稿するデータがリサイズ不可の場合は、横幅480ピクセルまでに納めてください。

5-フォントがかわいい木次線の黒板型駅名標

 

黒板型駅名標がたくさん残っているJR西日本木次線の駅名標は、なんとなくフォントがかわいらしくて大好きです。

4-JR四国の黒板型駅名標



JR四国も東海と並んで黒板型駅名標は、ほとんど見ることができなくなっています。車内からの写真で移りは悪いのですが、予讃線の伊予富田駅の黒板型駅名標です。

3-終着駅の琺瑯型駅名標

JR西日本 城端駅 駅名標

JR西日本・城端駅の終着駅で木造駅舎が残る城端駅の構内にある駅名標です。終着駅らしくホームとは垂直に設置されていて、奥にちらっと見える駅長室の看板も琺瑯型のようです。

2-転換駅、旧富山港線東岩瀬駅駅名標


旧JR西日本の富山港線東岩瀬駅の木造外壁にかかっていた駅名標です。富山ライトレール移管後も駅舎は残りましたが、この駅名標はどうなったことでしょう。

1-秘境駅、飯田線小和田駅名標


秘境駅として有名なJR東海・飯田線・小和田駅の駅舎にかかっている駅名標です。JR東海の駅名標は国鉄当時のものは、ほとんど残っていないため、とっても希少価値の高い駅名標です。現在もあるのか気になるところです。


■鉄道サイト検索はこちら


切符・サボ・方向幕・駅スタンプ・旅行記

トピックス

■鉄道サイト検索はこちら